日本歯科医師会が提唱している8020運動を御存知でしょうか?
80歳で20本の歯を残そうということは、多くの方に知られるようになりましたが、実際の日本ではどのくらいの歯が残っているのでしょうか?
通常、人間のお口の中には28本の歯があります。
現在、80歳の方の平均残存指数はたったの6.8本(厚生省調べ)しかありません。通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残ってないのです。
アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています(サンスター調べ)。



なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

それは、日本の保険制度に問題があります。日本の保険制度では「悪いところを削ってつめる」ことしか保険として認められていなかったからです。ですから、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところだ」という意識がついてしまったのです。
そして、歯医者自体も削ってつめる治療ばかりを行い「どうしたら悪くならないように予防できるか」ということを考えても来なかったし、患者様に伝えても来なかったのです。これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。
スウェーデンでは75歳の平均で約20本も歯が残っているのです。
我々も、きちんとしたことを行えば、十分、歯を残せるのです。
では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?
その答えは1〜3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることです。
欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。
日本でも、熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついているのです。皆さんは、80歳になったときに、何本、歯を残していたいですか?
では、当院ではどのように皆さまに予防処置をしているかお伝えします。
1.定期的な口腔内のチェック
みなさまの状態によって、1ヶ月〜4ヶ月ごとにお口の中を診査します。虫歯、歯周病のチェックを行い、
前回と比較します。期間は、その方の症状や状態をみて考えて行きます。
2.歯石や歯垢を取り除きます
従来の歯石歯垢をとるスケーリングのみならず、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という
方法で、歯の表面から、細菌の付いたプラークをはがし取ります。
3.きれいになった歯面にフッ素を塗布
エナメル質の強化や細菌の活動の抑制を図り、虫歯の予防に役立てます。


院内ツアー診療案内歯周病治療予防歯科見えない矯正目立たない入れ歯
インプラント歯科審美歯科スタッフ紹介問診票HOME


【診療時間】
月〜金曜日
9:30〜13:00 15:00〜19:00
土曜日
9:30〜13:00 14:00〜17:00
【休診日】
木曜午後、日曜、祝祭日
より大きな地図で 神原歯科医院 を表示
【住所】
山口県宇部市神原町2-1-62
電話 0836-37-0808
FAX 0836-37-0818
【アクセス】
JR宇部線 東新川駅より徒歩8分
宇部市営バス 弓道場前バス停 神原中学校前バス停
より徒歩5分
下関方面から宇部産業道路でジョイフルより右折
小郡方面から宇部産業道路でジョイフルより左折
駐車場:7台
Copyright(c) 神原歯科医院 All Rights Reserved.