Page top


こんな症状を訴えて来院された方の大半が歯周病です。
「歯がグラグラする」
「歯ぐきが腫れて痛くなってきた」
「歯ぐきから出血する」
「前歯にすき間が空いてしまった」
「口臭がある」
皆さん、虫歯になれば痛くなりますよね?
だから、「痛くなったら歯医者に行くものだ」と思われている方が多いのではないでしょうか?
しかし痛みが無く進行する歯周病の場合、虫歯のない健康な歯の方であっても歯ぐきの下では歯周病になり、久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということがあります。
歯周病には自覚症状がありません。だからこそ恐ろしい病気なのです。

⇒日本歯周病学会「歯周病に関するQ&A」
歯周病は痛みが無く進行する
歯肉炎
これが最初の兆候です。プラーク、歯石の沈着で歯肉に赤み、腫れ、出血がみられます。
簡単な歯石取りやブラッシングで改善することが出来ます。
中等度歯周炎
歯周治療の必要があります。歯を支える骨がなくなってくると歯が動きだします。
だんだんと治療も難しくなってきます。
進行した歯周炎
支える骨がなくなると・・・
歯がグラグラ動き出すと、歯を抜くことになるかもしれません。
ここまで進行しても自覚症状がないのが歯周病の怖いところです
重症化した歯周炎
歯周病の治療
歯周病の原因菌の徹底除去のために歯周ポケット内のプラーク、歯石をきれいに取り除く処置になります。
重度の歯周病となると、外科的処置を必要としますので早めの治療をお勧めします。
超音波スケーリング(歯石除去)
超音波機器で歯肉縁の下のバクテリアプラークを取り除き、歯から歯石を取り除きます。
スケーリング(歯石除去)
スケーリングは、歯根表面にたまったものを取り除き、歯の表面をキレイにします。
ルートプレーニング
ルートプレーニングは骨が失われたところに使います。歯根の粗い表面をなめらかにします。
歯肉を治りやすくするために、歯周ポケットに薬を入れることがあります。
医院案内 診療案内 保険外診療 歯のコラム きまぐれblog
いんちょ~の独り言
お問い合わせ
HOME
院内ツアー
診療時間
スタッフ紹介
問診表ダウンロード
一般歯科
予防歯科
小児歯科
歯周病治療
義歯
審美歯科
矯正歯科
目立たない入歯
インプラント
山口県宇部市神原町2-1-62
電話 : 0836-37-0808
FAX : 0836-37-0818
Copyright(c) 神原歯科医院 All Rights Reserved.